2016年11月30日 (水)

事業譲渡 及び レジーナドッグクラブについてのお知らせ

「羽鳥湖高原レジーナの森」は、事業譲渡により2016年12月1日より運営会社が変更となります。

RDC会員様の「羽鳥湖高原レジーナの森」での会員特典は、2017年6月30日(ご宿泊の場合の優待料金適用も6月30日ご宿泊分)までご利用いただけます。「羽鳥湖高原レジーナの森」の施設電話番号、及び、予約ホームページ等につきましては、12月1日以降も変更はございません。なお、レジーナリゾート富士をはじめ、羽鳥湖高原レジーナの森以外の施設につきましては、今後も東京建物リゾート株式会社が運営いたします。

また、羽鳥湖高原レジーナの森での「プレイズタッチポイントカードサービス」につきましては、2016年11月30日をもって終了とさせていただきます。2016年12月1日以降、スタンプ押印(ポイント付与)はいたしかねます。12ポイント特典利用の対象宿泊施設からも除外となりますのでご了承ください。なお、羽鳥湖高原レジーナの森以外のレジーナリゾートの施設につきましては、今後も「プレイズタッチポイントカードサービス」を継続いたします。
また、「レジーナドッグクラブ運営事務局」は、羽鳥湖高原レジーナの森より下記に移転いたしました
電話:03-3274-0865 東京都中央区八重洲1-9-9
今後とも羽鳥湖高原レジーナの森を宜しくお願い致します。

2016年7月22日 (金)

夏のガーデンサラダバー&イタリアンバイキング

こんにちは。

すっかり遅くなってしまいましたが、7/16(土)の3連休より、レストランでは夏のランチバイキングが始まっております。

普段は土・日・祝日のみの開催としているランチバイキングが、夏休みは8/28(日)まで平日も含め毎日開催となります。

今回のテーマは『夏のガーデンサラダバー&イタリアンバイキング』。

Img_6181

まずはお馴染みのガーデンサラダバー。

地元産の新鮮な野菜だけでも十種類以上が並びます。

天栄村からは湯本の地熱ハウスで作られたレタスや水菜、須賀川岩瀬の特産品でもある岩瀬きゅうりなどが並んでいます。

Img_6184

トッピングも充実。マカロニサラダや南瓜サラダのようなデリサラダも並びます。

Img_6204

カウンターではライブキッチンでパスタを調理。

Img_6202

Img_6203

パスタは2種類の他、

Img_6198

Img_6190

ピザも並びます。

他にもナシゴレンやカレー、手作りフォーのコーナー等も。

また、サラダと炭水化物ばかりではありません。

Img_6200

ポークグリル。

Img_6193

サイコロステーキ。

Img_6188

チキンのクリーム煮、

Img_6194

自家製オムレツを始め、しっかりと主菜系のお料理も充実です。

Img_6185

トマトのカプレーゼや

Img_6186

ラタトゥイユ等の前菜系のお料理もあります。

Img_6179

デザートだっていっぱいです。

018

そしてこのランチバイキング、ワンちゃんだって同伴が可能です。

テラス席だけではなく店内同伴OKなので、悪天候の日でも安心して利用ができます。

福島県内外限らず、「ワンちゃん同伴で楽しめるバイキング」はなかなか例を見ないのではないでしょうか?

バイキングは大人1,944円・小学生1,188円・幼児(3歳以上)810円となります。

是非ご利用ください。

2016年7月18日 (月)

ファイヤーパフォーマンス&花火大会

こんにちは。

7月三連休も中日となる本日は、イベント盛りだくさんの日でした。

直前の天気予報では降水確率も高く、雨が心配されましたが、なんとか一日雨に見舞われる事なく過ごす事が出来した。

Img_5896

さて、イベントといえばこの方の登場。

Img_5894

マスコットキャラクターうさぎのミミルは今日も大人気でした。

Img_5908

さらにこちらも恒例企画のおすわり&マテゲーム。

Img_5907

おすわり&マテが出来たら賞品をプレゼント、という簡単なゲーム。

物珍しいのか、犬連れ以外の観客も多いなかなかの人気コンテンツです。

ワンちゃん達も上手に出来る子達ばかり……と思いきや、場所や環境が変わると以外にプレッシャーもかかるようです。是非皆さんも、気軽に挑戦して下さい。

Img_5922

そしてこちらも夏の風物詩、スイカ割り。

目隠しのこどもと指示を出す大人、協力しながらスイカを割ります。

Img_5928

普段ご自宅で……とはなかなかならないスイカ割り。

きっと良い思い出づくりになったのではないでしょうか?

Img_5947

そして夕方からはエラギ・ファイヤーアーツが登場。

夕方の部ではジャグリングを中心としたステージを行いますが、

Img_5945

やはり注目は火を使ったパフォーマンス。

シンプルな火喰いは、いつでも子ども達の目を釘付けにするようです。

Img_5954

こちらは夜の部。

昼からは一転、始まる前から怪しげなムードが漂います。

Img_5964

今年はファイヤーばかりではなく、LEDも合わせてのパフォーマンスでした。

最初はLEDの羽が登場。

Img_5978

と思ったら、いきなり火を噴きます。

Img_5990

その後も火を振り回したり、

Img_6007

食べたり、

Img_6053

花火を振り回したり、

Img_6064

火柱をあげたりと、迫力満点のステージでした。

Img_6046

LEDを使って羽鳥湖高原やレジーナの森といった文字を浮かび上がらせるパフォーマンスも。

毎年進化をし続けるエラギ・ファイヤーアーツ、素晴らしいですね。

Img_6162

締めくくりは花火。

悪天候に襲われる事もなく、無事花火も楽しめたようです。

今回と同じ構成のイベントは8/14(日)にも開催します。更に翌15(月)の夜は、ペットボトルランタンナイトとなります。

14(日)・15(月)もミミルやワンちゃんのゲーム、スイカ割り等を行います。

日帰りでの参加・観覧も勿論OKです。

是非お集まりください。

2016年7月14日 (木)

アンケート抽選結果発表!!!

こんにちは。

42

梅雨でじめじめとした鬱陶しい天気が続く中、ほんの少しの晴れ間を見てスタッフが集まって来ました。

用意されたのは、畳と……

43

浴衣の(美)女三名。

せっかくの浴衣姿なのですが、どうも足元が決まらないので、

38

こうして畳に座って進めます。

ご宿泊のお客様にはアンケートにご協力いただいているのですが、実はその中に小さく「抽選で宿泊券をプレゼント」の文字があったりするのです。

今日はその抽選を、こうして公の場(野外・浴衣)で行おうという趣向です。

ちなみにこの抽選、ご宿泊いただいたお部屋タイプ毎に行います。

6

まずは早速一つ目。

ドームコテージオルサ(一般室)から抽選です。

8

よ~くかき混ぜまして……

7

お、決まったかな?

6_2

やっぱりもうちょっと、、、

4

出ました!!!

12

さぁ、発表します!!!

49

まずお一組目、ドームコテージオルサ(一般棟)のペア宿泊券が当たったのは、千葉県市原市のM・Kさん!!!

さ、続いてどんどんいきます。

30

さ、続いてはドームコテージオルサの(ペット同伴室)。

32

今度はすんなり出て来たようです。

62

二組目、ドームコテージオルサ(ペット同伴室)のペア宿泊券が当たったのは、福島県伊達郡のK・Tさん!!!

さて、続いては高額商品、いぬのきもちコテージのペア宿泊券の抽選へ移ります。

こちらはいぬのきもちコテージ・バケーションビレッジにご宿泊いただいた方のアンケートから、

69_2

さぁ、今度こそ!!!

65

ええい!!!

1

出ました!!!

14

三組目、いぬのきもちコテージのペア宿泊券が当たったのは、東京都中野区のA・Uさん!!!

さて、最後はコールマンキャンプグラウンド。

9

ちょっと角度を変えてみましょう。

「中身が丸見えなんじゃないか」というご指摘はご容赦下さい。

中のアンケートはちゃんと折りこまれていますので、お名前を見て選ぶような事はできません。

厳正に抽選を行っています。

11

四組目、コールマンキャンプグラウンドのサイト無料券が当たったのは、山形県酒田市のS・Iさん!!!

ご当選者4名の方には近日中に宿泊券を送らせていただきます。

是非皆さん、ご宿泊の際にはアンケートのご記入にご協力下さい。

宿泊券が当たるかもしれませんよ!?

40

抽選を手伝ってくれたスタッフの皆さんも、お疲れ様でした。

次からは動画でお願いしますm(__)m

2016年7月11日 (月)

湿地園

こんにちは。

だいぶ長い間ジメジメした天気が続いていましたが、ようやく晴天に恵まれました。

Img_5834

こうなるととりあえずチェックすべきなのは湿地園。

Img_5835

入口の小さな池には早速、

Img_5836

色鮮やかな睡蓮が咲いています。

Img_5842

湿地園に入ってすぐの大き目の池には、

Img_5841

同じ蓮科のヒツジグサがいっぱいです。

ヒツジグサは先の睡蓮とは異なり、非常に小さな広い花。

上の引きの写真にポツポツとある小さな白い物が、ヒツジグサです。

Img_5843

こちらの池の小魚もだいぶ成長してきました。

ハヤでしょうか?

写真ではわかりにくいですが、細長い黒い影は魚の影です。

実際目にする分には動いているので、すぐに見つかるかと思います。

Img_5847

湿原に咲く黄色いコウホネもまだまだ元気。

Img_5844

カキツバタもまだ確認はできますが、全体的に花は萎れ気味。

そろそろ終わりでしょう。

Img_5840

アザミは見頃を迎えつつあります。

Img_5851

ミソハギも咲き始めました。

Img_5856

コバギボウシもようやくこれから先始め。

Img_5858

変わったところでウツボグサも見つかりました。

どことなく園芸品種で人気のアジュガにも似た花です。

これから花びらがどんどん広がる事でしょう。

こうして見てみるとおわかりの通り、夏はピンク~青紫色の花が多く見られるようになります。

今回はまだ咲いていませんが、今後サワギキョウ等も咲いてくる事でしょう。

雑草もぐんぐん成長する時期なので、お花の前で記念撮影……といった趣向には向かないかもしれませんが、ご来場の際には是非湿地園の散策もお楽しみいただきたいと思います。

尚、夜は蛍が最盛期を迎えています。

ホタルを見た事が無い、見たいという方も、是非湿地園へと足を伸ばしてみて下さい。

2016年6月18日 (土)

モリアオガエル百景

こんにちは。

福島県川内村や岩手県八幡平市では産卵地が国の天然記念物に指定されているというモリアオガエルの産卵がはじまりました。

全国的に雨不足が叫ばれる中、待ちに待った梅雨突入によりカエル達も一気に産卵ラッシュを迎えました。

Img_5827

上の写真は湿地園の一番最奥の池。

良く見ると右上の木の枝に、

Img_5828

ご覧のような白い塊がくっついています。

これがモリアオガエルの卵。

Img_5829

さらによく見ると、左側の笹薮の中にも、同じような白い塊が見られます。

一般的に見られるカエルとは異なり、モリアオガエルは木の枝等に泡状の卵を産み付ける事で知られています。

卵から孵化したオタマジャクシ達は、雨粒のようにしてポチャリポチャリと下の水辺に落ちていく、といった不思議な風景となります。

Img_5808

場所は変わってこちらはテニスコートの側、別荘地内にある公園。

こちらも中央の島の木に一つ、

Img_5810

更に周辺の水辺には、岩や枝にこびりつくようにして卵が。

Img_5811

今年はどちらかというとこういった半陸地に産卵されたものが多く目につく気がします。

孵化した後、オタマジャクシがちゃんと水に着水できるのか、心配です。

雨でも降ってくれれば、雨水と一緒に流れ落ちてくれるのでしょうが。

Img_5813

奥の流れ込みにも上に下に卵がいっぱいです。

Img_5793

こちらは更に、一般には立ち入り禁止としているとある貯水池。

Img_5794

こちらは流れが一切ないせいか、毎年多くの卵が見られます。

Img_5795

あっちにも、

Img_5796

こっちにも、

Img_5797

さらにこちらは毎年大人気の木。

Img_5798

既にたっぷりと卵の上に卵が産みつけられています。

Img_5800

今まさに産卵の真っ最中。

中央の白いところが新しいもので、周りの少し褐色がかったものは少し前に産み付けられたものです。

尚、

Img_5807

下には落ちてくるオタマジャクシを狙って、アカハラヤモリが虎視眈々とスタンバイしております。

こちらも毎年見る光景。

モリアオガエルには気の毒に感じますが、自然の摂理ですね。

最近では通常のカエルの卵を見る事も少ないかと思いますが、モリアオガエルとなるとより見る機会も希少な機会となります。

お越しの際には、是非観察して下さいませ。

2016年6月11日 (土)

「レジーナドッグクラブ会員感謝イベント」明日開催

明日6月12日の

「レジーナドッグクラブ 第3回会員感謝イベント」は

雨の心配もないようですので、予定どおり開催いたします。

 

・イベント開催時間 11:00~16:00(受付開始10:00~)

・場所 東京・夢の島「イーノの森Dog Garden」

イベントの開催を楽しみにしてくださった皆様、有難うございます。

お気をつけてお越しください。

 

本イベントはレジーナのドッグクラブ会員様限定のイベントです

2016年6月 9日 (木)

レジーナドッグクラブ会員感謝イベントについて

6月12日 東京・夢の島「イーノの森Dog Garden」で開催予定の「レジーナドッグクラブ 第3回会員感謝イベント」につきましてお知らせいたします。

早々と梅雨を向かえ、イベント当日は雨天が心配されております。

イベント開催の有無につきましては、6月11日 17時に当サイトにて告知をさせていただきます。

なお、レジーナリゾート各ホテルへのお電話でのお問い合わせには、お答えできない場合がございます。あらかじめご了承ください。

※本イベントはレジーナドッグクラブ会員様限定のイベントです。

2016年6月 6日 (月)

あの白い花は……

こんにちは。

しばらくぶりの更新ですが、ちょうど良いのでそろそろ湿地園の様子を見に行ってみましょう。

Img_5762

ここのところ多くなるのがタイトルにもなっている「白い花」に関するお問い合わせ。

といっても「白い花」がどの花を指すのかが良くわかりません。

この時期、「白い花」が沢山あるのです。

Img_5772

まずはこちら。ヤマボウシ。

一番問い合わせの多い白い花がヤマボウシでしょう。

Img_5786

コテージの一番端の小さな流れ込みあるこの大きな木や、

Img_5787

コテージのすぐ側に立つこの木もそうです。

Img_5789

ハナミズキにもとっても良く似ていますが、こちらはヤマボウシ。

8月~9月頃には、真ん中の実が真っ赤に熟します。甘味があり食べる事もできますが、非常に種が多い為、ジャム等にされる事が多いようです。

レジーナの森では収穫して食べる、という事もありませんが。

Img_5777

続いてはこちら。

湿地園周辺や山の中に目につく白い花。

中央の粒々とした両性花と、周りの白い装飾花が特徴です。

こちらも秋には小さな赤い実をつけます。

Img_5781

さらにこちら。

もうそろそろ終わりを迎えそうですが、小さな白い花がたくさんついたズミ。

Img_5778

湿地園の入り口にドサッと花をつけているので、気になる方も多いようです。

Img_5775

そして今、まさに見頃を迎えている白い花が湿地園のこちらのコバイケイソウ。

Img_5774

白色の小さな花が円錐状にたくさん集まって咲いており、見事です。

もう少しすると上の方から黒ずんでいってしまいますので、まさに今、この純白の姿こそが見頃です。

尾瀬ではコバイケイソウが咲いて、終わる頃にニッコウキスゲが咲くようですね。

Img_5768

さて、そして湿地園の入り口の大きな池にも小さな白い花が沢山咲いています。

Img_1059

こちらはヒツジグサ。

親指より少し大きいぐらいの小さな小さな蓮の花ですね。

未の刻(午後2時頃)に咲く事からヒツジグサという名前がついたそうですが、実際には午前中の早い段階から咲いているようです。夜は閉じてしまうらしいですね。

Img_5764

新顔が登場しました。

青紫色の花。

カキツバタ……だと思うのですが、すぐ隣にはノハナショウブ、という看板も。

Img_5767

カキツバタとノハナショウブは非常に良く似ていて、真ん中の筋が白いのがカキツバタ、黄色い筋がノハナショウブらしいのですが……やはりカキツバタ、なのでしょうか?

いずれにしてもカキツバタやノハナショウブもこれからピークを迎えます。

白い花のピークが終わった後は、カキツバタやノハナショウブ、更にはサワギキョウやミソハギ等、夏の青や紫っぽい色の花が多くなってくる事でしょう。

Img_5782

あとは地味なところで……ゴウソもいっぱいあります。

Img_5783

湿地帯に多く生育というトゲトゲとした実が特徴です。

Img_5766

そしてニッコウキスゲの姿も少しずつ増えてきました。

Img_5790

湿地園まで行かずとも、レイクレジーナの水辺にもこれからどんどん咲く事でしょう。

水芭蕉やニッコウキスゲが咲く管理釣り場、なかなか貴重だと思うのですが。

釣り人の皆さんも、あまり踏みにじらないようにご協力ください。

2016年5月23日 (月)

ニッコウキスゲ始まりました

こんにちは。

久しぶりに湿地園のご紹介です。

Img_5739

早速ですが、早咲きのニッコウキスゲが始まりました。

実はレイクレジーナの湖畔にも幾つか開花が始まっていますので、お散歩の際にでも探してみて下さい。

ニッコウキスゲが咲く管理釣り場は日本中探しても珍しいのではないでしょうか?

Img_5746

奥の沼地ではコウホネも確認できました。

コウホネもオゼコウホネに代表される山間部の湿原で有名な花です。

いよいよ夏が近づいてきた感じがします。

Img_5745

さて、レジーナの森の公式facebookページでは那須の八幡つつじ園地をしつこくご紹介していましたが、レジーナの森の敷地内でもつつじが最盛期を迎えています。

Img_5747

写真のように、湿地園でも目に鮮やかなつつじが飛び込んできます。

群生している訳ではないので八幡つつじ園地には負けてしまいますが、一面の緑の中に咲き誇るつつじもなかなかに見事なものです。

Img_5750

ヒメシャクナゲの小さな花は、も終わりかけ。

Img_5755

変わったところではアマドコロを見つける事が出来ました。

下向きに小さな花が並ぶ様子が可憐なお花です。

Img_5753

また、場所によってはまだフデリンドウの群生も楽しめます。

小さい花ですがなかなか鮮やかで素敵な花ですので、こちらもお楽しみいただきたいと思います。

Img_5741

さて、水の中では小さな小魚達が元気に泳いでいます。

産卵シーズンを過ぎ、孵化したばかりなのでしょうか?

オイカワのような川魚の稚魚か。

湿地園やレイクレジーナではこうして魚が自然に繁殖する環境が保たれています。

Img_5756

オタマジャクシも元気に泳いでいました。

沢山の卵の割にオタマジャクシが少ないように感じますが……早くも大きくなって陸へ上がっていったのか、それとも外敵に襲われてしまったのか。

これから6月の梅雨に入ると木に卵を産み付けるモリアオガエルの産卵も見られるようになります。

Img_5742

温かくなり、昆虫の姿も増えてきました。

蝶々に始まり、

Img_5744

トンボの姿も。

Img_5759

一種類だけではなく、様々な種類のトンボが確認できます。

増えてきたのはもちろん見て楽しい昆虫ばかりではありません。

蚊やアブ、ブヨといった人を襲う虫も増えるシーズンになってきます。

ご来場の方、特にキャンプ場を利用される方は虫除けのご準備をお勧めします。

Img_5737

湿地園ではありませんが、温泉館の側ではスズランの群生も見られます。

年々大きくなっているのでしょうか?なかなかの見応えのある面積まで広がっています。

レジーナの森にお越しの際は、是非自然観察もしてお楽しみ下さい。

マスコットキャラクター ウサギのミミルのツイッター