« レジーナニコニコ市 | メイン | あの白い花は…… »

2016年5月23日 (月)

ニッコウキスゲ始まりました

こんにちは。

久しぶりに湿地園のご紹介です。

Img_5739

早速ですが、早咲きのニッコウキスゲが始まりました。

実はレイクレジーナの湖畔にも幾つか開花が始まっていますので、お散歩の際にでも探してみて下さい。

ニッコウキスゲが咲く管理釣り場は日本中探しても珍しいのではないでしょうか?

Img_5746

奥の沼地ではコウホネも確認できました。

コウホネもオゼコウホネに代表される山間部の湿原で有名な花です。

いよいよ夏が近づいてきた感じがします。

Img_5745

さて、レジーナの森の公式facebookページでは那須の八幡つつじ園地をしつこくご紹介していましたが、レジーナの森の敷地内でもつつじが最盛期を迎えています。

Img_5747

写真のように、湿地園でも目に鮮やかなつつじが飛び込んできます。

群生している訳ではないので八幡つつじ園地には負けてしまいますが、一面の緑の中に咲き誇るつつじもなかなかに見事なものです。

Img_5750

ヒメシャクナゲの小さな花は、も終わりかけ。

Img_5755

変わったところではアマドコロを見つける事が出来ました。

下向きに小さな花が並ぶ様子が可憐なお花です。

Img_5753

また、場所によってはまだフデリンドウの群生も楽しめます。

小さい花ですがなかなか鮮やかで素敵な花ですので、こちらもお楽しみいただきたいと思います。

Img_5741

さて、水の中では小さな小魚達が元気に泳いでいます。

産卵シーズンを過ぎ、孵化したばかりなのでしょうか?

オイカワのような川魚の稚魚か。

湿地園やレイクレジーナではこうして魚が自然に繁殖する環境が保たれています。

Img_5756

オタマジャクシも元気に泳いでいました。

沢山の卵の割にオタマジャクシが少ないように感じますが……早くも大きくなって陸へ上がっていったのか、それとも外敵に襲われてしまったのか。

これから6月の梅雨に入ると木に卵を産み付けるモリアオガエルの産卵も見られるようになります。

Img_5742

温かくなり、昆虫の姿も増えてきました。

蝶々に始まり、

Img_5744

トンボの姿も。

Img_5759

一種類だけではなく、様々な種類のトンボが確認できます。

増えてきたのはもちろん見て楽しい昆虫ばかりではありません。

蚊やアブ、ブヨといった人を襲う虫も増えるシーズンになってきます。

ご来場の方、特にキャンプ場を利用される方は虫除けのご準備をお勧めします。

Img_5737

湿地園ではありませんが、温泉館の側ではスズランの群生も見られます。

年々大きくなっているのでしょうか?なかなかの見応えのある面積まで広がっています。

レジーナの森にお越しの際は、是非自然観察もしてお楽しみ下さい。

マスコットキャラクター ウサギのミミルのツイッター