« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月18日 (土)

モリアオガエル百景

こんにちは。

福島県川内村や岩手県八幡平市では産卵地が国の天然記念物に指定されているというモリアオガエルの産卵がはじまりました。

全国的に雨不足が叫ばれる中、待ちに待った梅雨突入によりカエル達も一気に産卵ラッシュを迎えました。

Img_5827

上の写真は湿地園の一番最奥の池。

良く見ると右上の木の枝に、

Img_5828

ご覧のような白い塊がくっついています。

これがモリアオガエルの卵。

Img_5829

さらによく見ると、左側の笹薮の中にも、同じような白い塊が見られます。

一般的に見られるカエルとは異なり、モリアオガエルは木の枝等に泡状の卵を産み付ける事で知られています。

卵から孵化したオタマジャクシ達は、雨粒のようにしてポチャリポチャリと下の水辺に落ちていく、といった不思議な風景となります。

Img_5808

場所は変わってこちらはテニスコートの側、別荘地内にある公園。

こちらも中央の島の木に一つ、

Img_5810

更に周辺の水辺には、岩や枝にこびりつくようにして卵が。

Img_5811

今年はどちらかというとこういった半陸地に産卵されたものが多く目につく気がします。

孵化した後、オタマジャクシがちゃんと水に着水できるのか、心配です。

雨でも降ってくれれば、雨水と一緒に流れ落ちてくれるのでしょうが。

Img_5813

奥の流れ込みにも上に下に卵がいっぱいです。

Img_5793

こちらは更に、一般には立ち入り禁止としているとある貯水池。

Img_5794

こちらは流れが一切ないせいか、毎年多くの卵が見られます。

Img_5795

あっちにも、

Img_5796

こっちにも、

Img_5797

さらにこちらは毎年大人気の木。

Img_5798

既にたっぷりと卵の上に卵が産みつけられています。

Img_5800

今まさに産卵の真っ最中。

中央の白いところが新しいもので、周りの少し褐色がかったものは少し前に産み付けられたものです。

尚、

Img_5807

下には落ちてくるオタマジャクシを狙って、アカハラヤモリが虎視眈々とスタンバイしております。

こちらも毎年見る光景。

モリアオガエルには気の毒に感じますが、自然の摂理ですね。

最近では通常のカエルの卵を見る事も少ないかと思いますが、モリアオガエルとなるとより見る機会も希少な機会となります。

お越しの際には、是非観察して下さいませ。

2016年6月11日 (土)

「レジーナドッグクラブ会員感謝イベント」明日開催

明日6月12日の

「レジーナドッグクラブ 第3回会員感謝イベント」は

雨の心配もないようですので、予定どおり開催いたします。

 

・イベント開催時間 11:00~16:00(受付開始10:00~)

・場所 東京・夢の島「イーノの森Dog Garden」

イベントの開催を楽しみにしてくださった皆様、有難うございます。

お気をつけてお越しください。

 

本イベントはレジーナのドッグクラブ会員様限定のイベントです

2016年6月 9日 (木)

レジーナドッグクラブ会員感謝イベントについて

6月12日 東京・夢の島「イーノの森Dog Garden」で開催予定の「レジーナドッグクラブ 第3回会員感謝イベント」につきましてお知らせいたします。

早々と梅雨を向かえ、イベント当日は雨天が心配されております。

イベント開催の有無につきましては、6月11日 17時に当サイトにて告知をさせていただきます。

なお、レジーナリゾート各ホテルへのお電話でのお問い合わせには、お答えできない場合がございます。あらかじめご了承ください。

※本イベントはレジーナドッグクラブ会員様限定のイベントです。

2016年6月 6日 (月)

あの白い花は……

こんにちは。

しばらくぶりの更新ですが、ちょうど良いのでそろそろ湿地園の様子を見に行ってみましょう。

Img_5762

ここのところ多くなるのがタイトルにもなっている「白い花」に関するお問い合わせ。

といっても「白い花」がどの花を指すのかが良くわかりません。

この時期、「白い花」が沢山あるのです。

Img_5772

まずはこちら。ヤマボウシ。

一番問い合わせの多い白い花がヤマボウシでしょう。

Img_5786

コテージの一番端の小さな流れ込みあるこの大きな木や、

Img_5787

コテージのすぐ側に立つこの木もそうです。

Img_5789

ハナミズキにもとっても良く似ていますが、こちらはヤマボウシ。

8月~9月頃には、真ん中の実が真っ赤に熟します。甘味があり食べる事もできますが、非常に種が多い為、ジャム等にされる事が多いようです。

レジーナの森では収穫して食べる、という事もありませんが。

Img_5777

続いてはこちら。

湿地園周辺や山の中に目につく白い花。

中央の粒々とした両性花と、周りの白い装飾花が特徴です。

こちらも秋には小さな赤い実をつけます。

Img_5781

さらにこちら。

もうそろそろ終わりを迎えそうですが、小さな白い花がたくさんついたズミ。

Img_5778

湿地園の入り口にドサッと花をつけているので、気になる方も多いようです。

Img_5775

そして今、まさに見頃を迎えている白い花が湿地園のこちらのコバイケイソウ。

Img_5774

白色の小さな花が円錐状にたくさん集まって咲いており、見事です。

もう少しすると上の方から黒ずんでいってしまいますので、まさに今、この純白の姿こそが見頃です。

尾瀬ではコバイケイソウが咲いて、終わる頃にニッコウキスゲが咲くようですね。

Img_5768

さて、そして湿地園の入り口の大きな池にも小さな白い花が沢山咲いています。

Img_1059

こちらはヒツジグサ。

親指より少し大きいぐらいの小さな小さな蓮の花ですね。

未の刻(午後2時頃)に咲く事からヒツジグサという名前がついたそうですが、実際には午前中の早い段階から咲いているようです。夜は閉じてしまうらしいですね。

Img_5764

新顔が登場しました。

青紫色の花。

カキツバタ……だと思うのですが、すぐ隣にはノハナショウブ、という看板も。

Img_5767

カキツバタとノハナショウブは非常に良く似ていて、真ん中の筋が白いのがカキツバタ、黄色い筋がノハナショウブらしいのですが……やはりカキツバタ、なのでしょうか?

いずれにしてもカキツバタやノハナショウブもこれからピークを迎えます。

白い花のピークが終わった後は、カキツバタやノハナショウブ、更にはサワギキョウやミソハギ等、夏の青や紫っぽい色の花が多くなってくる事でしょう。

Img_5782

あとは地味なところで……ゴウソもいっぱいあります。

Img_5783

湿地帯に多く生育というトゲトゲとした実が特徴です。

Img_5766

そしてニッコウキスゲの姿も少しずつ増えてきました。

Img_5790

湿地園まで行かずとも、レイクレジーナの水辺にもこれからどんどん咲く事でしょう。

水芭蕉やニッコウキスゲが咲く管理釣り場、なかなか貴重だと思うのですが。

釣り人の皆さんも、あまり踏みにじらないようにご協力ください。